トヨタ紡織九州の3選手が今季で引退。試合後、記念写真に納まる中畠嘉之(前列右)、野田巨樹(同左から2人目)、鈴木優太(同左)=県総合体育館

 トヨタ紡織九州レッドトルネードは25日、RB中畠嘉之(35)、PV野田巨樹(27)、PV鈴木優太(27)の3選手が今季限りで引退すると発表した。

 湧永製薬戦後に開かれた引退セレモニーでは、3選手それぞれが家族から花束を受け取り、両チームの選手に胴上げされた。

 2009年のプレーオフ進出や11年の山口国体優勝などを経験し、今季通算800得点を達成した中畠は「多くの人に支えられ、ここまでやってこれた。リーグ優勝の夢は後輩に託したい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加