プリティーの部決勝・SSク-川副中 第1シングルスを制し、優勝に貢献したSSクの内田ひび咲=県総合体育館

プリティーの部決勝・SSク-川副中 ダブルスを制し、優勝に貢献したSSクの岩谷李佐・山口柚葉(左)組=県総合体育館

■「佐商」喜びの頂点

 プリティーの部は佐賀商高の卒業生や現役の部員などでつくるSSクが頂点に立った。決勝でチームを勢いづけたのは、第1シングルスの内田ひび咲。福島美佐子監督は「先に1勝したことで、あとの試合にいい影響を与えた」とたたえた。

 決勝の相手は川副中。内田の母校で、高校に入るまで一緒に練習をしてきた後輩だった。「やりにくい相手。だけど絶対負けない」。気負いすぎて、思うようなプレーができず第1セットを落としたが、先輩の意地を見せ、その後のセットは渡さなかった。

 「もうちょっと良いところを見せたかった」と内田。高校最後の県総体を見据え、「あと半年。もっと変化をつけた攻撃を身につけたい」と気持ちを切り替えた。

 【予選リーグ】1グループ (1)ひまわり4勝(2)小城クB2勝2敗(3)ラブオール基山2勝2敗(4)高志館高2勝2敗(5)鳥栖商高B4敗▽2グループ (1)川副中2勝1敗(2)伊万里TTC2勝1敗(3)JKT2勝1敗(4)鳥栖高B3敗▽3グループ (1)有田ク2勝1敗(2)三養基高2勝1敗(3)牛津高A1勝2敗(4)さつきク1勝2敗▽4グループ (1)吉野ヶ里T・C3勝(2)伊万里商高2勝1敗(3)AR-Lab1勝2敗(4)鳥栖商高A3敗▽5グループ (1)SSク3勝(2)楠クA2勝1敗(3)牛津高B1勝2敗(4)唐津南高3敗▽6グループ (1)鳥栖高A3勝(2)チーム塩田1勝2敗(3)基山卓友会1勝2敗(4)オレンジクA1勝2敗▽7グループ (1)鹿島ク3勝(2)小城クA2勝1敗(3)佐賀女子高1勝2敗(4)SLJK3敗(※勝敗数が同じ場合は、セット数による)

 【決勝トーナメント】1回戦 川副中2-0有田ク、SSク2-0吉野ヶ里T・C、鹿島ク2-1鳥栖高A▽準決勝 川副中2-1ひまわり、SSク2-0鹿島ク

 ▽決勝

S S ク 2-0 川 副 中

○内 田3{8-11}1 江頭結

      11-8

      11-9

      11-8

○岩 谷3{ 8-11}1野 副

 山 口  12-10  江頭未

      11-9

      11-5

このエントリーをはてなブックマークに追加