エレガンスの部決勝・永卓会SS-J・H・S・SAGA ダブルスで力強いフォアハンドを放つ永卓会SSの松尾麻以。左は永石絵里=県総合体育館

エレガンスの部 力強いフォアハンドを放つ永卓会SSの山口心愛=佐賀市の県総合体育館

エレガンスの部で優勝し、表彰を受ける永卓会SS=県総合体育館

 ■「10歳山口に優勝を」チーム結束

 エレガンスの部は、永卓会SSがJ・H・S・SAGAを2-1で下して優勝した。予選リーグで敗れた相手に決勝で雪辱を果たし、選手兼監督の梶原幸子は「全員が気持ちを切らさず力を出せた」と喜んだ。

 「心愛(ここあ)を絶対に優勝させる」。チームには、エレガンスの部の最年少選手で10歳の山口心愛(外町小5年)がおり、“最年少優勝”をプレゼントしようとチーム全員が結束した。

 予選で崩れたダブルスを立て直そうと、永石絵里と中島優理佳のペアから、永石と松尾麻以のペアにして攻撃をてこ入れした。松尾が仕掛けて永石が決める息の合ったプレーで勝利を収めると、第2シングルスの梶原も積極的な攻めで相手を圧倒した。

 山口は全国大会の経験が豊富で、2年前から同部門に出場している。決勝には第1シングルスで出場したものの、惜しくも敗退。「来年は自分も勝って優勝したい」と笑顔で誓った。

 【予選リーグ】1グループ (1)佐賀商高A4勝(2)チームK・K3勝1敗(3)永卓会MA2勝2敗(4)佐賀北高1勝3敗(5)清和高B4敗▽2グループ (1)J・H・S・SAGA3勝1敗(2)永卓会SS3勝1敗(3)佐賀商高B3勝1敗(4)永卓会LS1勝3敗(5)清和A4敗=1~3位はセット数による

 【決勝トーナメント】準決勝 永卓会SS2-1佐賀商高A、J・H・S・SAGA2-1チームK・K

 ▽決勝

永卓会SS 2-1 J・H・S・SAGA

 山 口1{6-11}3 杉 原○

      11-13

      12-10

      8-11

○永 石3{11-3}0出 雲

 松 尾  11-6  石 橋

      11-7

○梶 原3{11-6}1 中 村

      11-9

      6-11

      11-6

このエントリーをはてなブックマークに追加