買い物客に署名を依頼する高校生たち=佐賀市のゆめタウン佐賀

核兵器廃絶と平和な世界を目指し、佐賀県の第20代高校生平和大使で武雄高2年の藤田裕佳さん(18)=有田町=たち8人が24日、佐賀市のゆめタウン佐賀で署名運動を実施した。

 署名運動をしたのは武雄、伊万里、白石の3校の高校生で、藤田さんが友人たちに呼びかけた。店の正面玄関で「核兵器廃絶、平和な世界の実現の署名をお願いします」と呼びかけながら、出入りする客に署名を依頼した。集めた署名は、スイスの国連欧州本部に届ける。

 藤田さんは「高校生平和大使としてお世話になった人が最近亡くなった。核兵器廃絶、平和な世界の実現のために活動することが、遺志を継ぐことにとつながると思っています」と話した。   

このエントリーをはてなブックマークに追加