地層を掘り中から出てく遺物から時代を類推する子どもたち=佐賀市川副町・諸富町の三重津海軍所跡

 「さが科学少年団(だん)」による発掘(はっくつ)調査(ちょうさ)体験会が18日、世界遺産(いさん)に指定されている三重津海軍所跡(あと)(佐賀市川副町(かわそえまち)、諸富町(もろどみちょう))でありました。会員やその家族ら約40人が、材木小屋があったとみられる現場(げんば)付近で、地中に埋(う)まる木のくいや貝殻(かいがら)を発掘しました。

 材木小屋は船の材料になる木材を置く場所で、1850年代ごろの地図に破線(はせん)で場所が記されています。昨年度からの調査で同所から大型の建築(けんちく)物跡が見つかり、本年度は建造(けんぞう)物の大きさなどを調べる調査を行っています。

 「どうやって時代を特定するのかな?」など職員の問いかけに子どもたちは頭をひねり、地層(ちそう)を削(けず)りました。

 土から出てきた遺物(いぶつ)を見て「プラスチックはいつからあるの、おじいちゃんの時代?」など親子で語り合いながら発掘を体験してました。地中に埋まるくいを掘(ほ)り出(だ)し、くいの下に埋まっている貝殻を洗(あら)い出(だ)して、「昔の人が砕(くだ)いて埋めたのかな」などと幕末(ばくまつ)の時代に思いをはせました。(19日付20面)

このエントリーをはてなブックマークに追加