鳥栖―神戸 前半13分、神戸MFポドルスキを追う鳥栖MF高橋秀(左)=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 元日本代表で今季J1神戸から加入したMF高橋秀が、先発フル出場を果たした。先制しながら逃げ切れず、「勝てなかったことがすべて。きょうは神戸が上だった」と悔しさをかみしめた。

 古巣との激突となったが、「やりづらさはなかった」と高橋秀。アンカーに入り、相手選手に素早く寄せる動きと広い視野を生かしたパスワークを披露し、攻守で存在感を発揮した。移籍前から「ベアスタには特有の臨場感があり、その雰囲気に魅力を感じていた」という。「来てくれて良かったと思ってもらえるような結果を出すことが自分の使命」と次戦の必勝を誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加