点字電話帳を贈呈したNTT西日本の池冨保佐賀支店長(左)と、県視覚障害者団体連合会の森きみ子会長=佐賀市の佐賀ライトハウス六星館

 NTT西日本佐賀支店(池冨保支店長)は22日、県視覚障害者団体連合会(森きみ子会長)に目の不自由な人が電話する際に使う点字電話帳460部を贈った。

 同支店は1974年から県内の行政機関や公共サービスの連絡先を記載した点字電話帳を発行している。佐賀ライトハウス六星館(佐賀市)に印刷を依頼し、数年ごとに改訂している。今回は16版目で1912件の連絡先を載せた。

 佐賀市内であった贈呈式では、同支店の池冨支店長が「みなさんのコミュニケーションの役に立ててください」とあいさつした。森会長は「いつも活用させてもらっています。発行してもらい感謝しています」と謝辞を述べた。電話帳は連合会を通じて、希望者や公共施設に配布される。

このエントリーをはてなブックマークに追加