4団体の事業内容を審査する審査員=佐賀市の佐賀新聞社

 佐賀県や佐賀新聞社などが子育て支援団体に贈る「ばぶばぶ基金」の助成審査会が23日、佐賀市天神の佐賀新聞社であった。双子・三つ子サークルグリンピース(佐賀市)、充実した福祉のまちをめざすチャレンジド「リノラ」(唐津市)、武雄ん絵音つくるっ隊(武雄市)、おむすびころりん(佐賀市)の4団体に総額30万円を贈る。

 7団体から相談があり、4団体が応募。地域社会のニーズや課題を的確に踏まえた実現可能な事業か、などの視点から審査した。グリンピースは多胎家庭の交流を促し、地域支援者にニーズや課題を伝える。リノラは発達、障がい、病気などの悩みを持つ家族の交流を進め孤立を防ぐ。武雄ん絵音つくるっ隊は地域の文化や伝統を題材とした子ども向け紙芝居で、文化伝承を支援する。おむすびころりんは地元産の米で幼児の食育活動を行う。

 選考委員長の田口香津子佐賀女子短期大学副学長は「これを契機に、活動をより良くしていくために伴走したい」と話した。基金は佐賀新聞社が県の委託で取り組む子育て応援の店事業で県内5カ所に設置した自動販売機の売上金から一部を充てる。贈呈式は3月8日、佐賀新聞社で開く。

このエントリーをはてなブックマークに追加