金沢―栃木 後半、ゴールを決め喜ぶ金沢・中美=富山

 J2・J3入れ替え戦第2戦(4日・富山県総合運動公園陸上競技場)J2で21位の金沢がJ3で2位の栃木を2-0で下し、2連勝でJ2残留を決めた。栃木はJ3に残留。

 金沢は前半に中美がPKを決めて先制。後半に中美のゴールで追加点を奪った。

 金沢はアウェーでの第1戦に1-0で先勝。第2戦はホームスタジアムの石川県西部緑地公園陸上競技場が芝生の改修工事中のため、富山で開催された。

=中美殊勲の2得点=

 ○…金沢は中美の2ゴールで苦境を脱した。前半にPKを決めると、後半には貴重な追加点を奪った。J2残留を決め、25歳の殊勲者は「降格させるわけにはいかなかった。ほっとした」と頬を緩めた。

 昨季まで栃木でプレー。鳥栖に移籍し、金沢にはことし6月から期限付き移籍で加入した。主戦として期待されたが、J2のリーグ戦21試合で2得点と振るわなかった。それまでの悔しさをぶつけるように、中盤からドリブル突破を図るなど、多彩な攻めを展開。「攻める気持ちを持ち続けていたことが最後に実ってくれた」と息をついた。

 大きな山を乗り越え、真価が問われる来シーズンへ。今季限りで退任する森下監督は「J2は監督の色が(結果に)出る。新たなチームをつくっていってほしい」と後任にエールを送った。

このエントリーをはてなブックマークに追加