【きょうの催し】

 海月のおひなまつり(3月11日まで、唐津市鎮西町の茶苑「海月」)◆唐津のひいな遊び(3月11日まで、唐津市内各所)◆鳳鳴乃里幼稚舎おゆうぎ会(佐賀市東与賀町の東与賀文化ホール)◆第28回佐賀新聞社杯県レディース卓球大会(佐賀市日の出の県総合体育館)

【巡回車】

 (25日)

 ◆胃がん・子宮がん・乳がん・大腸がん・肺がん検診 8時半=佐賀市・県健診・検査センター(予約制、子宮がん検診、乳がん検診は女性のみ)

 ◆献血車 10~15時半=唐津市・まいづるスリーナイン

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

【イベント】

 ◆G2唐津モーターボート大賞

 (24日~3月1日、唐津市原のボートレースからつ)全国24場のうち、ファン拡大に積極的な3場で開催されるレース。A1、A2級の選手52人が出場する。3年連続最高勝率をマークし、人気と実力を誇る地元の峰竜太選手も出場予定。24日は前園真聖さんのトークショー(13時、14時半すぎ)、25日はじゅんいちダビッドソンさんのお笑いライブ(同)があるほか、両日はキッズゲームやグルメ販売のコーナー、未確定舟券1000円分以上で抽選できる大抽選会もある。問い合わせはボートレースからつ、電話0955(77)1311。

 ◆情報モラル啓発イベント

 (24、25日11~16時、佐賀市のゆめタウン佐賀1階セントラルコート)2017年度ネットの安全・安心けいはつコンクールの全受賞作品を展示。親子で考えるICT活用クイズがあり、解答するとプレゼントがもらえる。ネット利用に関する疑問やトラブルの相談窓口もある。問い合わせは佐賀県高度情報化推進協議会、電話0952(25)7086。

 ◆虹ノ松原バードウオッチング

 (25日9~10時半、唐津市浜玉町の浜崎森林浴の森公園駐車場)日本野鳥の会佐賀県支部会員の指導の下、カンムリカイツブリなどの冬鳥を松原で観察する。雨天時は東唐津公民館で鳥の話を聞く。参加無料。申し込み・問い合わせはNPO法人唐津環境防災推進機構KANNE、電話0955(80)7060。

 ◆チャリティーカラオケ祭り2018

 (25日9時半~16時半、唐津市民会館大ホール)からおけ「いち」(唐津市石志)の5周年記念を記念し、愛好家約100人が出演する。ゲストの三代目大川竜之助、六本木ヒロシ、神矢翔、木寺央が歌と踊りで華を添える。入場無料。佐賀新聞社後援。電話0955(78)2239。

 ◆ジャガイモの植え付けと収穫体験

 (25日10時~、神埼市神埼町鶴の八子ガーデン=元「八子の花カフェ」、八子公民館そば)先着10組がジャガイモ12株ずつを植え付け、5月ごろに収穫する。参加無料。申し込み・問い合わせは八子ガーデンの馬渡さん、電話090(8769)3495。

 ◆第26回佐賀市新栄校区民大バザー

 (25日10~12時、佐賀市の新栄小体育館)食料品、陶磁器、日用品など住民が持ち寄った商品を市価の40~50%程度で販売する。問い合わせは新栄公民館、電話0952(23)4907。

 ◆第8回梅まつり

 (25日10時~15時、鳥栖市山浦町のグリーンファーム山浦)事業所内にある梅約300本を公開し交流する。今注目の木にロープをかけて登るツリーイングをインストラクターの指導で体験できる。海外でも活躍する書道家中島美紀さんによる創作パフォーマンスや先着200人への豚汁の振る舞い、みつせ鶏の唐揚げや佐賀牛カレーなどの飲食ブースも。電話0942(81)4856。

 ◆ノルディック体験ウォーキングin河内

 (3月3日9時半受け付け、鳥栖市河内町の栖の宿ふれあい広場)河内ダム周辺を巡るコースでノルディックウォーキングを体験する。経験者も歓迎。参加無料。要事前申し込み。鳥栖市農林課、電話0942(85)3563。

【LIVE】

 ◆管弦五重奏で紡ぐ日本のうた、世界のうた

 (24日14時、唐津市呼子町の鯨組主中尾家屋敷)大学生5人のグループ「Bidens」による、春の曲を集めたコンサート。バイオリン3人とフルート、クラリネットで「威風堂々」や「春よ、来い」などを披露。屋敷勘定場の特設ステージで管弦の音色を楽しむ。入場無料。問い合わせは同屋敷、電話0955(82)0309。

【告知板】

 ◆重松るり子 こだわり創作服展

 (28日まで11時半~15時、鳥栖市柚比町のギャラリー花やしき)福岡県八女市にアトリエを構える重松さんによる木綿や麻など自然の素材を使った創作服を約60点。問い合わせは花やしき、電話0942(83)2000。

 ◆吉野ケ里の現在と未来を考えるシンポジウム

 (24日13時、神埼市中央公民館)国の特別史跡「吉野ケ里遺跡」が発掘されて30年を記念し、吉野ケ里遺跡のさらなる保存と活用を話し合う。同遺跡の世界遺産登録と博物館建設を実現するため、文化財保存全国協議会代表の小笠原好彦氏のほか、同遺跡の発掘に携わった元佐賀女子短大学長の高島忠平氏らが講演する。シンポジウムのテーマは「未来へ羽ばたけ吉野ケ里」。吉野ケ里を未来につなぐ会(久保浩洋会長)主催。資料代500円。

このエントリーをはてなブックマークに追加