陸自ヘリの飛行再開を受け、抗議活動をする「オスプレイ配備反対佐賀県連絡会」のメンバー=神埼郡吉野ヶ里町の目達原駐屯地前

 陸上自衛隊目達原駐屯地(神埼郡吉野ヶ里町)のヘリ飛行再開を受け、労働組合や政党のメンバーらでつくる「オスプレイ配備反対佐賀県連絡会」が22日、駐屯地前で抗議活動をした。

 午前10時から約10人が横断幕を掲げ、「事故を徹底究明せよ」「住民の安全と自衛隊員の命を守れ」と声を上げた。連絡会の池﨑基子事務局長(47)は「重大な事故が起き、不安になっている住民もいると思う。原因が究明されないまま飛行を再開するのは、住民感情を無視したやり方だ」と訴えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加