握手を交わす、2代目ごろうくん(左)と3代目ごろうくん(右)=佐賀市の県警本部

 県警は広報活動を担うシンボルマスコット「ごろうくん」の3代目を披露した。2009年6月から活躍する2代目は、8年以上に及ぶ活動で制服にしわが目立ち、手は黒ずみも目立っていた。胴体がまぶしいほど白く輝き、靴とネクタイも鮮やかな青色に新調した。

 ごろうくんは00年9月に初代が登場。有明海のムツゴロウをイメージしたキャラクターで親しみやすさと明るさがあり、子どもを中心に、多くの県民に愛されてきた。警察の制服を身にまとい、つぶらな瞳がかわいい。白い体は正義の象徴だ。3代目も同じイメージを引き継いだ。

 新人登場で2代目はお役御免…とはならず、当面は2体で県内のイベントなどを回る予定。お披露目となった20日はがっちり握手を交わし、「これからみんなに会えるのが楽しみ」(3代目)「新しいごろうくんと一緒にがんばる」(2代目)と意気込みを示した。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加