教育関係者ら約150人が出席した記念式典=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 佐賀女子短期大学(佐賀市)は21日、昨年12月に開設した「現代韓国文化研究センター」の発足記念式典を同市のホテルで開いた。教育関係者ら約150人が出席し、日韓の文化交流と韓国研究の拠点となるセンターの誕生を祝った。

 

 式典では南里悦史学長が「隣国韓国との研究や教育の相互の発展を図るためには、双方の文化理解が重要になる。佐賀、九州地域における韓国文化の理解と普及に尽力したい」とあいさつ。韓国の孫鍾植(ソンジョンシク)福岡総領事、山口祥義知事らが祝辞を述べた。韓国に留学した学生による成果発表もあった。

 同短大は2012年、韓国の大学と連携して双方の学位を取得できる「ダブルディグリー制度」を、全国の短大で初めて導入した。センター設置に合わせてこの制度を全学に拡充し、韓国語をビジネスで活用できる人材の育成を強化する。日本語と韓国語を併記した独自の語学教材も開発する。

 地域貢献事業として「現代韓国映画祭」を佐賀市で開催する計画も発表した。

このエントリーをはてなブックマークに追加