マイケル・デル氏が購入した住居が入る高層ビル(中央の最も高い建物)=22日、ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は22日、ニューヨーク市の高層ビル最上階にある1億47万ドル(約107億円)の住居を、米パソコン大手デルの創業者のマイケル・デル最高経営責任者(CEO)が購入していたことが分かったと報じた。契約は2014年。同市で1億ドルの大台を初めて超えた話題の最高値物件だった。

 これまで購入者は明らかになっておらず、「謎の購入者」と伝えられていた。

 セントラルパークの近くにあり、高さ約300メートル。マンハッタンの景色が一望できる。広さは千平方メートル超で、寝室が6部屋、バスルームは六つとされる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加