■いけばな小原流「第17回百武志穂社中花展 梅の祝舞」 23~25日、武雄市朝日町の妙輪寺で。朝日町で教室を開いている百武志穂さんと生徒16人が、梅を主役にツバキなど時季の花々や竹などを添えて生けた作品を並べる。お寺の空間を生かした生け花展。問い合わせは百武さん、電話0954(22)2689。

 ■嬉野温泉駅周辺まちづくりシンポジウム2018 24日午後2時、嬉野市の和多屋別荘ザ・コットンクラブで。村上大祐市長と三島伸雄・佐賀大大学院教授、まちづくり会社「嬉野創生機構」の古田清悟社長の3人によるパネル討議や、佐賀大の学生らによるまちづくりの研究発表がある。また新幹線開業に向けて、嬉野の歴史をまちづくりに生かそうと制作された動画と絵巻物も披露する。入場無料。問い合わせは同市建設・新幹線課、電話0954(42)3311。

 ■在宅医療・介護市民講座 3月3日午後1時半から武雄杵島地区医師会大講義室で。オレンジホームケアクリニックの紅谷浩之院長が「住み慣れた場所で自分らしくすごすために~在宅医療とこれからの地域づくり」のテーマで講演した後、行政や看護現場の担当者らが加わって「在宅医療・介護」をテーマにしたシンポジウムを開く。聴講無料。問い合わせは医師会、電話0954(22)3344。

このエントリーをはてなブックマークに追加