徳川康久氏(左)と小堀邦夫氏

 靖国神社の徳川康久宮司(69)が退任し、後任に元伊勢神宮禰宜の小堀邦夫氏(67)が3月1日付で就くことが分かった。75歳の定年前に退任するのは異例で、2月22日の総代会で了承された。同神社関係者が23日、明らかにした。

 徳川氏は江戸幕府15代将軍慶喜のひ孫。2016年の共同通信のインタビューで示した明治維新に関する歴史認識について同神社元幹部が著書などで批判するなど波紋が広がっていた。最近は徳川氏の執務状況を非難する文書が関係者に送られるなど混乱もあった。今年に入り、関係者に「一身上の都合」として辞意を伝えていた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加