記者会見する経団連の榊原定征会長=22日午後、名古屋市

 経団連の榊原定征会長は22日、名古屋市での記者会見で2018年春闘の賃上げ水準について「過去4年間の実績を上回る数字が出ることを期待したい」と語った。安倍政権は経済界に賃上げ要請。14~17年春闘の大手企業の賃上げは2%台にとどまっている。18年春闘では3%の賃上げを求められており、経団連として企業に積極的な対応を促した発言だ。

 榊原氏は「自動車は春闘の相場形成で大きな材料になる」とし、トヨタ自動車など大手各社の交渉が注目されるとの認識を示した。また「19年の消費税増税を前に、今年の春闘は日本経済にとって大事な節目になる」と指摘した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加