衆院予算委で答弁する安倍首相。右は加藤厚労相=22日午後

 裁量労働制に関する厚生労働省の調査で不適切なデータ処理が発覚した問題を巡り、安倍晋三首相は22日、衆院予算委員会の集中審議で加藤勝信厚労相の責任を問われ「しっかりと働き方改革の法案準備を進めてほしい」と述べ、進退問題には発展しないとの考えを示した。立憲民主党の逢坂誠二氏への答弁。

 菅義偉官房長官は記者会見で、関連法案の扱いについて問われ今国会への提出方針を重ねて強調した。一方、集中審議ではデータ問題について、与党議員からも厳しい意見が相次いだ。公明党の佐藤茂樹氏は「極めて不適切」と批判し、自民党の宮下一郎氏も「大いに反省すべきだ」と述べた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加