いてつく寒さの中、蔵では酒造りが進む=有田町の松尾酒造場

 この冬は例年にない寒波が続き、九州でこんなに安定して酒造りができるのは初めてのことだ。今年は最高の年になる。そう信じて醪(もろみ)管理にも余念がない。蔵人は昨年と顔ぶれが変わり、島根から1人、佐賀と嬉野から1人ずつという編成ながら、目標は一つなので仕事に支障はない。むしろ程よい緊張感が張り詰めている。

 彼らは自分で酒を造りたい、杜氏になりたいと入社してきたので頼もしいことこの上ない。仕事もよく覚え、努力をしている。

 酒造りの全責任を負う杜氏は蔵の中では蔵元よりも実権を持つと言われ、その下で働く蔵人は人望が重視された。杜氏は自分の酒造りに携わる者として蔵人に厚い信頼をおく。

 蔵人がまだ技術やノウハウを身に付けていない素人の場合、杜氏は「この人なら一緒に酒造りができる」と見込んだ者を連れていく。そのため自分がよく知る人材である血縁者や同じ地域に住む者が多い。だから杜氏がいる特定地域の村落に蔵人も集中している。肥前町酒造従業員組合もそうして生まれたのだろう。

 蔵人たちには酒造りの各役職があり、その過程を経てやがて杜氏となる。日本の酒は杜氏が蔵人時代からの経験で得た「技術と勘」で造られてきた。

 ところが全国的に杜氏そのものが減少する一方、冬季に限定されていた酒造り期間が拡大し、機械化が進むと、杜氏ではない社員が実務を担うようになり、それまで必要とされていた役職が減ってきた。

 酒造りの現場は大きな変革期にある。だが、日本で酒が造られる限り、従来の杜氏制度を引き継ぐかたちで、今にふさわしい新しい杜氏制度を作らねばならない。

 いのうえ・みつる 1951年生まれ。「肥前杜氏」として半世紀にわたり酒造りに携わる。現在、有田町・松尾酒造場(宮の松)に勤務。九州酒造杜氏組合長。唐津市肥前町納所。

このエントリーをはてなブックマークに追加