磁気治療器の預託商法を展開したジャパンライフ(東京)が破産を申し立てられた問題で、東京地裁は21日、当事者の主張を聞く審尋を実施した。出席した山口隆祥会長は取材に「(事業を)継続する」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加