オーストラリア戦のメンバーを発表する日本代表の稲葉監督(左)=20日、那覇市内のホテル

 野球日本代表の稲葉篤紀監督は20日、オーストラリア代表と行う3月の強化試合のメンバーを発表し、1月に先行発表していた筒香(DeNA)ら6選手に加え、新たに則本(楽天)や秋山(西武)、濵口(DeNA、三養基高出身)ら22選手を選出した。

 那覇市内のホテルで行われた記者会見で、稲葉監督は「現時点でのトップチーム。2020年の東京五輪での金メダル獲得に向けた土台づくり、今後につながるチームづくりをしていきたい」と抱負を語った。19歳の堀(日本ハム)ら若手を多く選出したが、実績のある巨人の菅野や坂本勇らは外れた。「彼らの実力は分かっている。若い選手を少しでも見ていきたい、ということ」と話した。

 強化試合は3月3日にナゴヤドーム、翌4日に京セラドーム大阪で行われる。【共同】

■DeNA・濵口「結果を残したい」

 トップレベルの選手と一緒にプレーすることで、経験できることは大きい。任されたポジションで、認められるような結果を残したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加