豆選び、焙煎方法にこだわった「幕末珈琲」

 コーヒー豆加工・販売のいづみや珈琲(佐賀市)は、明治維新150年にちなんでドリップ式の「幕末珈琲」を発売した。当時の味をイメージして豆選びや焙煎(ばいせん)方法にこだわり、パッケージには佐賀の七賢人のイラストをデザインした。

 コーヒーは江戸時代、長崎に停泊していたオランダ船から伝わったとされる。同店では歴史書などから当時の味を推測。エチオピア産の原種に近い豆を、火加減を調整しながら焙煎し、苦みや酸味を少なくした。

 前山治彦社長は「コーヒーでひと息入れながら、偉人たちの功績に思いをはせてもらえたら」と話す。1袋150円(税別)。問い合わせは同店、電話0952(24)8162。

このエントリーをはてなブックマークに追加