昨年開催された体験イベントの様子=佐賀市松原の肥前通仙亭(提供写真)

体験する焼き菓子と抹茶、子ども用の石臼

 佐賀市松原の肥前通仙亭で3月4日、抹茶に親しむイベント「お茶の時間ですよ!」が開かれる。石臼を使って碾茶(てんちゃ)をひき、抹茶のたて方や作法を体験できる。焼き菓子も作る。

 碾茶は抹茶の原料となる蒸し製緑茶。嬉野産の碾茶をひく石臼は大人用と、小ぶりで簡単に操作できる子ども用がある。菓子はあんこを混ぜ込みイチジクをあしらったパンケーキを焼く。抹茶の作法は裏千家の師範中島宗里さん(伊万里市)が指導する。

 イベントを企画した池田智子さん(57)は「小さな子どもからその祖父母まで、みんなで楽しくお茶に親しんで」と話す。参加費は200円で、先着100人が参加できる。問い合わせは肥前通仙亭、電話0952(65)2152。

このエントリーをはてなブックマークに追加