インタビューに答える俳人の金子兜太さん=2016年7月、埼玉県熊谷市

 戦後の俳句改革運動をリードしてきた俳人で、平和運動にも尽力した現代俳句協会名誉会長の金子兜太(かねこ・とうた)さんが20日午後11時47分、急性呼吸促迫症候群のため埼玉県熊谷市の病院で死去した。98歳。埼玉県出身。自宅は非公表。告別式は近親者で行う。喪主は長男真土(まつち)さん。

 「社会性俳句」「造形俳句」を提唱し、俳誌「海程」を創刊、前衛俳句運動をリードし、理論的支柱となった。1983年現代俳句協会会長、2000年から同協会名誉会長。08年文化功労者。日本芸術院会員。

 1974年に退職するまで日本銀行に勤務、サラリーマン生活と作句を両立させた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加