公式練習で調整する宮原知子。左はOARのアリーナ・ザギトワ=江陵(共同)

 【平昌共同】平昌五輪フィギュアスケートは、21日に女子ショートプログラム(SP)が行われる。ともに初出場の全日本選手権4連覇の宮原知子(関大)と四大陸選手権覇者の坂本花織(シスメックス)は20日、会場の江陵アイスアリーナの練習リンクで調整し、上り調子であることをうかがわせた。

 宮原はルッツ―トーループの2連続3回転ジャンプを精力的に跳んで踏み切りや着氷の感触を確かめ「やるべきことはやってきた。それをここで出さなくていつ出すんだという感じ」と気持ちを高めた。坂本はSPの曲を流した練習で、高さのある跳躍でジャンプ要素を全て成功させた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加