大勢の人がペンライトを振って見送る中、JR増毛駅を出発する最終列車=4日夜、北海道増毛町

 1921(大正10)年に開業した北海道のJR留萌(るもい)線留萌-増毛(ましけ)(16・7キロ)は4日、最終列車の運行を終え、95年の歴史に幕を下ろした。故高倉健さん主演の映画「駅 STATION」の舞台の終点・増毛駅では、お別れセレモニーが開かれ、沿線住民や鉄道ファンらが別れを告げた。

 増毛町の堀雅志町長は「鉄道ファンの私が最後の日に立ち会わなければならないのは、非常につらく寂しい」と声を震わせた。JR北海道の島田修社長も参加し、列車の運転士と留萌駅長に花束が贈られた。

 沿線には、見納めとなる列車を写真に撮ろうと多くの鉄道ファンが集まり、増毛駅では人の列がホームからあふれた。札幌市北区の主婦松沢真弓さん(42)は「列車内は息で窓が曇るほどの混雑だった。駅や踏切ごとに手を振ってくれる人がいて感動した」と話した。

 増毛駅に約30年間勤務した元国鉄職員の渡辺正美さん(88)は、当時の同僚たちとの写真を持って訪れ「亡くなった仲間に駅の最後の姿を見せたかった。時代の流れとはいえ、何とも言えないね」と語った。

 JR北海道によると、最終列車は満員の約300人の乗客を乗せ、定刻より約20分遅れて午後8時10分に増毛駅を出発。駅では約600人が見送った。地元のブラスバンドが「蛍の光」を演奏、住民らがペンライトを振って別れを惜しんだ。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加