佐賀銀行(陣内芳博頭取)は、香港の飲食店運営会社シーアンドサガダイニング(石井裕之社長)に7860万円を投資した。4月中旬に現地に新設する県産食材の料理店「佐楽(さら)」の運営資金に充てる。

 子会社の佐銀キャピタル&コンサルティングとつくるベンチャー育成ファンドを通じて投資した。普通株式や優先株式、無担保普通社債での引き受けで、償還期間は10年。

 佐楽では県内の海産物をあぶり焼き、県産日本酒などを有田焼で提供する。県内の観光、文化についても情報発信していくという。

 同行担当者は「県産品の輸出に加え、香港からの観光客誘致につながることを期待している」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加