男子500メートル ゴールし、タイムを確認する山中大地=江陵(共同)

 【平昌共同】平昌冬季五輪第11日の19日、スピードスケート男子500メートルで日本勢は山中大地(27)の5位が最高だった。2010年バンクーバー大会銅メダルの加藤条治(33)は6位、長谷川翼(24)は14位。

 女子団体追い抜き1回戦では、日本は1500メートルで銀メダル、1000メートルで銅メダルの高木美帆(23)、佐藤綾乃(21)、高木菜那(25)の布陣で臨み、2位で21日の準決勝に進んだ。カナダと対戦する。

 ノルディックスキーのジャンプ男子団体に、の日本は葛西紀明(45)、小林陵侑(21)、伊東大貴(32)、竹内択(30)の4人で臨み6位だった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加