高知市の高知医療センターで昨年末、50代女性の食道がんの手術中に医師が勘違いし、摘出する必要がなかった胃を全摘していたことが19日、分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加