福島県南相馬市で昨年2月、いじめを受けた市立中2年の女子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、市の第三者委員会は19日「いじめが継続的に行われたことが自殺の主たる要因」と結論付けた。

 第三者委によると、女子生徒は1年生の時から複数の男子生徒に悪口を言われ、2年生になると「汚い」と言われたり、名前に「菌」を付けて呼ばれたりした。筆箱を汚いもののように投げ合う嫌がらせも受けた。

 学校はいじめを把握していたが、第三者委は「情報が一部の教員で抱え込まれていた」「週1回の生徒指導会議は経過報告で終わることが多かった」と対応に問題があったと指摘した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加