平昌冬季五輪のスピードスケートの女子500メートルで小平奈緒選手が18日に優勝した直後、TBSの男性アナウンサーがインタビューした際に「まさに獣のような滑りだったと思います」と表現したことに対し、インターネット上で「女性に使う言葉じゃない」といった疑問の声が上がっている。

 小平選手は「獣かどうか分からないですけど」と苦笑いしながら「本当に躍動感あふれるレースができたと思います」とインタビューに答えたが、ネット上では男性アナの質問を巡り「違和感があった」「訳の分からない例え」などの書き込みが多く寄せられた。一方で「最大の褒め言葉」と擁護する声もあった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加