小城市立砥川小の佐藤宏之教諭=武雄市立西川登小学校

 4年生の国語で「みんなで新聞を作ろう」と題した授業を行った。佐賀新聞社の記者を講師に、取材方法や書き方を学んだ上で、担任教師を紹介する記事を書かせた。必要な情報を整理してリード文や見出しを工夫する姿が見られた。

 関心のある新聞記事を読み、自分の考えを作文にまとめる授業も行った。考えるきっかけになった出来事や理由を文章に盛り込ませた。新聞投稿した児童の作文が掲載され、学習意欲の向上につながった。新聞の形式を学ぶことで、「まとめ活動への抵抗感が少なくなった」と感じている。

このエントリーをはてなブックマークに追加