最優秀選手賞を受賞した小城市の梶原有高=佐賀新聞社

 最優秀選手には、各チームのエースがぶつかった初日の2区(12・0キロ)で区間タイ、最終日の24区(14・4キロ)で区間賞を獲得した小城市の梶原有高(ひらまつ病院)が選ばれた。鮮烈な県内一周駅伝デビューを果たした梶原は「チームのために、1秒でも前に進めればと思って必死に走った」と胸を張った。

 初日の2区では、2位でたすきを受け取ると佐賀市の北村宙夢(日本文理大)、鳥栖市の光延誠(早稲田大)を抑えて首位に。最終日の24区は、「向かい風に押されて後半失速した」と話しながらも、1キロ3分を切るラップを淡々と刻んで、後続を寄せ付けなかった。

 自身のレースが終わってからも、小城市チームの一員として沿道から声援を送った。「3日間、忙しかったけど楽しかった」。トロフィーを掲げ、はにかんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加