唐津西高

 生徒たちが社会的事象への関心を深め、自己の意見を形成することを目指した。2年目は学級新聞設置や新聞コンクールの活用に取り組み、公民科では記事を踏まえた討論も実施した。

 このうち討論は、NHKの受信料に関する記事を読ませた上で、受信料の支払いについて考えさせた。

 全体の取り組みを通して、新聞が自分の意見をもつ機会につながったとする生徒が多く見られた。課題として、自主的に取り組む生徒を増やすには教員の支援が必要だ。また根拠を示して意見を深められるようにする授業設計が必要だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加