バレーボール女子のプレミアリーグは18日、三重県の津市産業スポーツセンターなどでファイナル6の第4日があり、久光製薬スプリングス(鳥栖市)は3-1でデンソーエアリービーズを下し、4勝目を挙げた。

 久光製薬は第1セット、アキンラデウォや野本梨佳らが多彩な攻撃を仕掛けて25-19で先取した。第2セットはデンソーの鍋谷のサーブに苦しみ18-25で奪われた。

 第3セットはセッターを古藤千鶴から栄絵里香に変えて流れをつかみ、ジュースの末に30-28で振り切った。

 第4セットは今村優香やアキンラデウォにボールを集めて突き放し、相手に15点しか与えず圧倒した。

 久光製薬は24日、神奈川県の川崎市とどろきアリーナでJTマーヴェラスと対戦する。

 ▽女子2次リーグ

久光製薬(16)3―1デンソー(4)

このエントリーをはてなブックマークに追加