霧に包まれ、幻想的な光景が広がった=5日午前7時50分ごろ、天山山頂から多久市方面を望む

 放射冷却の影響で濃霧が発生した5日朝、標高1046メートルの天山に向かった。山頂から平野部を見下ろすと、海のように広がる霧から山々が浮かんで見え、まるで山水画のようだ。

 日の出時間の午前7時すぎには山頂も真っ白。吹き抜ける冷たい風とともに霧が晴れると、眼下に期待通りの光景が広がった。

 三脚を立ててシャッターチャンスを待っていた先客が1人。週1回のペースで撮影に通う佐賀市の北島俊郎さん(70)は「素晴らしい風景に出合える。これだから早朝に登るのはやめられない」と笑顔を見せた。

★電子新聞に動画 登録、即利用可、翌月末まで無料の電子版の申し込みはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加