放射冷却の影響で濃霧が発生した5日朝、標高1046メートルの天山に向かった。山頂から平野部を見下ろすと、海のように広がる霧から山々が浮かんで見え、まるで山水画のようだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加