第2日前半のスターターを務めた村上大祐市長=嬉野市役所嬉野庁舎

 2日目前半の嬉野スタートは、5日に就任したばかりの村上大祐市長が緊張した面持ちで初のスターターを務めた。

 村上市長は新聞記者時代、県内一周駅伝を取材。「自分がスターターをやるとは思わなかった。ビシッと決めたい」と高く伸ばした右手で号砲を鳴らした。

 「駅伝の強さは地域の強さ。嬉野・太良チームに若い選手を根付かせたい」と話した。(志垣直哉)

このエントリーをはてなブックマークに追加