最高松阪牛は2580万円

 ブランド和牛・松阪牛の体格や毛並みの美しさを競う恒例の品評会「松阪肉牛共進会」が27日、三重県松阪市で開かれ、同県多気町の畑敬四郎さん(33)が育てた「ふくはる5」(3歳、690キロ)が最高賞「優秀賞1席」に選ばれた。品評会後の競りでは2580万円の高値で落札された。

 落札した松阪牛専門の食肉会社朝日屋(津市)の香田佳永社長は「毎年1席を落としに来ている。歳末恒例の名牛まつりで通常価格で販売したい」と話した。畑さんは3年ぶり4回目の受賞で「食欲旺盛で、大きくなりすぎないよう気をつけた。全てが自慢点」と満足そうに語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加