バレーボール女子のプレミアリーグは17日、三重県の津市産業スポーツセンターなどでファイナル6の第3日があり、久光製薬スプリングス(鳥栖市)は3-1でNECレッドロケッツを下し、3勝目を挙げた。

 久光製薬はアキンラデウォのブロックや井上愛里沙のレフト攻撃などで第1セットを先取。第2セットを19-25で落とし、第3セット立ち上がりも相手にリードを許したが、巧みなレシーブとコンビ攻撃で逆転して25-20で奪った。一進一退となった第4セットは25-23で振り切った。

 久光製薬は18日、同センターでデンソーエアリービーズと対戦する。

 ▽女子2次リーグ

久光製薬(13)3{

25―18

19―25

25―20

25―23

}1 NEC(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加