張り出されたフィギュアスケート男子の号外を見る利用者=佐賀市のJR佐賀駅

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート男子で羽生結弦選手が優勝して66年ぶりの2連覇を達成し、宇野昌麿選手が2位になった17日、佐賀新聞社は佐賀市のJR佐賀駅に号外を張り出した。2人の氷上での華麗な演技に、佐賀県内の人たちにも感動が広がった。

 号外の迫力ある羽生選手の写真に目を向ける駅利用者は多く、けがのピンチを乗り越えて栄冠に輝いた軌跡を紹介する記事をじっくり読み込む人もいた。佐賀市の主婦廣野紀子さんは「金メダルが決まった時の羽生選手の涙にもらい泣きした。宇野選手も全力で演技する姿が素晴らしかった」と話した。

 号外は佐賀新聞のウェブサイトに掲載している。

このエントリーをはてなブックマークに追加