佐賀大附属特別支援

 今井 麻琴(いまい・まこと)運動会の応援団長などでリーダーシップを発揮し、スポーツでも活躍した。佐賀市東与賀町のめぐみ園で働き、「清掃の仕事を頑張りたい」と張り切っている。佐賀市東与賀町。

 古賀 祥恵(こが・さきえ)生徒会長を務め、明るく優しい性格で信頼を集めた。「最後の運動会で、みんなでダンスや応援を頑張ったことが思い出」。マックスバリュ巨勢店に就職する。神埼市千代田町。

 堤 裕太郎(つつみ・ゆうたろう)誰とでも仲良くできる優しい性格の持ち主。学習発表会などで得意の太鼓を披露した。佐賀市のレインボーハウスに進み、「仲良く元気に仕事をしたい」。佐賀市鬼丸町。

 平原 公大朗(ひらばる・こうたろう)明るい性格で周りを和ませる存在。「修学旅行でみんなとディズニーランドに行けて楽しかった」。力を入れた木工の技術を生かし、小城市の事業所で働く。佐賀市。

 

唐津特別支援

 樋渡 拳吾(ひわたし・けんご)人と関わることが好き。調理実習やプールなどを通し、体を動かすことを頑張った。生活の幅を広げることを目標に、「卒業後も積極的に外に出ていきたい」。伊万里市脇田。

 浦 陸王(うら・りくおう)高等部に入り、友人と協力することや椅子にじっと座るなど、できることが増えた。文化祭では音楽ステージに登壇し、保護者から大きな拍手を受けた。唐津市山本。

 山口 未愛(やまぐち・みなみ)いつも笑顔で、周囲を明るくする存在。作業学習では、除草作業や収穫の手伝いなど、任された仕事に懸命に取り組んだ。卒業後は就労継続支援事業所に就業する。唐津市鏡。

 小窪 百々花(こくぼ・ももか)文化祭実行委員や校内駅伝大会のキャプテンなどに挑戦した。修学旅行で訪れた遊園地が思い出。福祉作業所に就業し、「お金をためて車の免許を取りたい」。唐津市湊町。

 

中原特別支援

 山里 琳咲(やまさと・りさ)生徒会長として学校行事に積極的に参加。「みんなをまとめられたことがうれしかった」と振り返る。「両親などお世話になった人に恩返ししたい」と就労を目指す。みやき町。

 山口 廣人(やまぐち・ひろと)全国障害者スポーツ大会の陸上200メートルで優勝、100メートルとリレーでも4位入賞を果たした。旭食品に就職が決まり、「責任を持って仕事に取り組みたい」。鳥栖市加藤田町。

 鳥飼 明日菜(とりかい・あすな)教室や廊下をモップがけするなど校内美化に力を入れ、先生や友達に「ありがとう」と喜ばれたことが思い出に残る。「けがや病気することなく元気に過ごしたい」。基山町。

 中山 雄介(なかやま・ゆうすけ)3年間皆勤。校外学習や体育祭など多くの行事に学校代表として参加し、たくさんの人と交流を深めた。春からも「元気に笑顔たくさんの日々を過ごしたい」。柳川市三橋町。

 

大和特別支援

 杉谷 暁(すぎたに・あきら)生徒会役員や寄宿舎の舎生副会長を務め、本年度の県障害者スポーツ大会では1500メートルで大会新記録を出した。23年に佐賀で開かれる全国大会への出場が夢。佐賀市高木瀬東。

 中原 凌(なかはら・りょう)優しく穏やか。あいさつや返事などの練習を重ね就職に向けてステップアップし、一般就労までの道を切り開いた。「給料を貯めて両親に恩返ししたい」。佐賀市巨勢町。

 大久保 克樹(おおくぼ・かつき)クラスのムードメーカー的存在。係の仕事や作業学習での活動に熱心に取り組んだ。「周囲の人とコミュニケーションを取って楽しく生活したい」。佐賀市兵庫町。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加