【6日の催し】

 アンデスの古代染展(11日まで、佐賀市本庄町・高伝寺前村岡屋ギャラリー)◆肥前びーどろ展(11日まで、鳥栖市本鳥栖町・フレスポ鳥栖「小さな工芸館」)◆鍋島緞通展(11日まで、鳥栖市本鳥栖町・フレスポ鳥栖「小さな工芸館」)

【巡回車】

 7日

 ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県医師会メディカルセンター(予約制)▽8時半=白石町総合センター

 ◆子宮がん 8時=佐賀市・県医師会メディカルセンター(予約制)▽8時半=神埼市・神埼町保健センター、白石町総合センター▽10時=伊万里市・黒川公民館

 ◆乳がん検診 8時=佐賀市・県医師会メディカルセンター(予約制)▽8時半=神埼市・神埼町保健センター(予約制)、白石町総合センター(先着55人)

 ◆献血車 9時半~13時=太良町・太良町役場▽9~15時半=佐賀市・龍谷高校

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

【展覧会】

 ◆特別展「没後40年 野口彌太郎展」

 (11日まで、唐津市新興町の市近代図書館)戦後洋画壇の巨匠、野口彌太郎の没後40年の節目に合わせ、長崎市にある記念美術館の所蔵品を中心に、唐津とのつながりを織り込みながら、その画業を紹介。「天成の画家」とも称される彌太郎の天衣無縫の画境に迫る。一般500円、高校生以下や唐津市内の75歳以上、障害者手帳保持者などは無料。電話0955(72)3467。

 ◆OKADA-ROOM vol.6 日本近代洋画の秘められた佳品たち

 (25日まで、佐賀市城内の県立美術館)第6回では、出品作17点のうち14点がOKADA-ROOMに初登場。岡田三郎助が涼やかな色彩で描いたフレスコ画「坐婦」や、青木繁作の肖像画「木下秀康大尉像」、夭折の画家・佐伯祐三の名品「八百屋」など、館蔵の秘められた作品を楽しめる。月曜休室。電話0952(24)3947。

 ◆葉隠成立300年記念特別展「葉隠と忠臣蔵―天下泰平の武士道―」

 (1月15日まで、佐賀市城内の県立佐賀城本丸歴史館)佐賀藩士・山本常朝が武士としての心得を口述し、田代陣基がまとめた書物「葉隠」の成立300年を記念し、葉隠が説き、忠臣蔵が表象する太平の世における「武士道」を取り上げる。電話0952(41)7550。

【イベント】

 ◆アバンセ感謝祭

 (10日10時~11日、佐賀市天神のアバンセ)演奏・ダンスのステージや作品展示、フラワーアレンジメントなど。無償のブックリサイクルも。問い合わせは県女性と生涯学習財団管理部、電話0952(26)0011。

 ◆さがウオーキングクラブ12月例会 「葉隠の里とシャワーロードを巡るみち」

 (11日9時、佐賀市金立町の金立公園コスモス園に集合)霊樹院の石塔やシャワーロードなどを巡る約4.5キロと、古賀穀堂碑まで足を伸ばす約7.2キロの2コース。運営賛助金で100円。電話0952(31)9687。

このエントリーをはてなブックマークに追加