【平昌共同】平昌冬季五輪第9日の17日、フィギュアスケート男子で羽生結弦(23)=ANA=が優勝し、66年ぶりの2連覇を達成した。初出場の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=も2位になり、フィギュアで初めて複数の日本選手が同時に表彰台に立った。

 羽生は今大会の日本選手団の金メダル第1号で、日本の冬季五輪の「金」は通算11個となった。

pdf号外はこちら ]

このエントリーをはてなブックマークに追加