たすきを受けて駆け出す伊万里市の吉田明広(右)=7-8区中継所

 伊万里市が初日4位と健闘する中、元箱根ランナーの吉田明広(SUMCOテクノロジー)が県内一周駅伝初出場を果たした。8区で5位と奮闘したものの、「納得した走りはできなかった」と、29歳でつかんだデビュー戦を厳しく見つめた。

 大東文化大で健脚を磨き、2年の時に箱根駅伝に出走。その後は予選会で敗れ、2度目の出場はかなわなかった。卒業後、競技から遠ざかっていたが、仕事の合間に地元で小学生を指導するようになり、「自分も走りたい」と一念発起した。

 この一年、時間を見つけて練習を重ねてきた。「悔しさは残るが、切り替えていきたい」と次を見据えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加