走り終えて笑顔を見せる鹿島市の久米勇一郎(右)=2-3区中継所

 8区(久保田-福富)の区間記録を持つ鹿島市の久米勇一郎が、4年ぶりとなる県内一周駅伝に挑んだ。エース区間の2区を担って区間12位に終わり、「久々に会った選手たちに刺激をもらった。もっと頑張らないと」。勝負魂に火が付いた様子だった。

 教員採用試験に専念するため、競技を一時離れていたが、一昨年に合格。初任地の鹿島西部中で陸上部顧問となり、全国中学駅伝に出場した女子選手たちと走るうちに意欲が再燃したという。

 「速い選手と走れることを楽しもうと、懸命に駆け抜けた」と久米。再チャレンジを誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加