九電担当者に抗議文を手渡す玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会の石丸初美代表=東松浦郡玄海町の玄海原発前

 九州電力玄海原発3号機(東松浦郡玄海町)の燃料装填に合わせ、脱原発を訴える市民団体のメンバーら約40人が16日、同原発前で抗議の声を上げ、「最大の安全対策は再稼働しないことだ」と抗議文も提出した。

 九電関係者や作業員を乗せた車両が次々と原発内に入る時間帯に合わせ、「廃炉をあきらめない」「再稼働を許すな」と書いたプラカードを掲げ、シュプレヒコールを上げた。

 「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」などは抗議文も手渡し、1人ずつ「福島原発では今なお原子力緊急事態宣言が発令中。事故原因も分からないのに、再稼働していいのか」などと文書を読み上げた。九電担当者は「経営層に伝えます」と答えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加