スタートを前に、マーチングで大会を盛り上げた基山保育園の園児たち=基山町役場

 スタート地点の基山町役場前では、基山保育園(高木久幸園長)の年長児44人が軽快なマーチングを披露し、選手たちを励ました。

 園児たちは鉄琴や太鼓などで園歌と「恋」の2曲を演奏。「選手の皆さん、がんばってください」とエールを送った。シンバルを担当した才田遥稀ちゃん(6)は「失敗せずに上手にできた。旗を持って選手を応援したい」と笑顔を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加