マンホールカードなどとコラボした神埼高女子サッカー部のプラクティスシャツ=神埼市の同校

 神埼市の神埼高校女子サッカー部のチームウエアの胸元に、九年庵が描かれた「マンホールカード」のデザインが用いられている。背中には神埼市のゆるキャラなどがプリントされて同市をアピール。試合前の練習などで着用し、神埼市のアピールや県女子サッカーの底辺拡大を目指していく。

 県外に遠征することが多いサッカー部の相島哲治監督(41)が「神埼市を何とかアピールし、地元貢献できないか」と考えたことがきっかけ。そのとき、神埼市とハンドボールのトヨタ紡織九州レッドトルネードがコラボしたポロシャツの存在が頭に浮かんだという。

 ウエアに付けるワッペンのデザインを模索している中で「マンホールカード」を思いついた相島監督。市下水道課に使用をお願いしたところ快く受け入れてもらえたといい、さらに市のマスコットキャラ「くねんワン」「くねんニャン」の使用も申し入れた。

 17日から鹿児島県で開催される九州高校女子(U-17)サッカー大会プレ大会で、県外での初披露となるウエア。佐々木雪恵さん(17)=基山町=は「神埼市をアピールすることでチームのことを知ってもらえるとうれしい。神埼の人たちにもっと応援してもらえるようになれば」と期待する。

このエントリーをはてなブックマークに追加