佐賀県教育委員会は15日、伊万里商業高校と伊万里農林高校が統合して2019年4月に開校する新高校の名称を「伊万里実業高校」にすると発表した。県立高校再編に伴う学校設置変更の条例案を2月定例県議会に提出する。

 校名は、公募した中から地域の関係者でつくる検討委員会で「伊万里煌星(こうせい)」「伊万里秀峰(しゅうほう)」「伊万里翔陽(しょうよう)」「伊万里実業」の四つに絞り、県教委が最終決定した。

 新高校は、統合後も現在の両校舎をそれぞれ活用する。1学年の定員は全日制(農業科、商業科)200人、定時制(商業科)40人。

このエントリーをはてなブックマークに追加