臨時議会は14日開会、4億円を追加する一般会計補正予算案や、教育長を含む教育委員会委員の任命議案など8議案を可決した。

 補正はふるさと納税の寄付額増に伴うもの。一方で、ふるさと納税の返礼品購入費や事務手数料を差し引いた積立金については、5909万円を減額し、本年度の予算を5億5838万円と見直した。減額について市は、返礼品配送料の値上げや、寄付額に占める購入費の割合が高い返礼品に申し込みが集中したこと、また昨年度の申し込み分で本年度返礼品を発送した分の費用などを精査した結果としている。

 今月16日で任期満了となる教育長には、現職の杉﨑士郎氏(73)=嬉野町下宿=を再任。任期は3年で、今回から教育委員長も兼任する。その他の教育委員には、宮﨑憲太郎氏(63)=嬉野町岩屋川内=と荒武治美氏(50)=嬉野町下宿=をいずれも新任した。任期は4年。

このエントリーをはてなブックマークに追加